小さくひっそりとした葬儀を考えているのにもかかわらず高価で派手な祭壇や飾りを奨励されるケースは、葬儀業者の考え方が、合わないということです。
若いときにお母ちゃんを亡くしたから仏事は弱くて、はたまな話を聞く親戚もいないため、回忌といってもどうしたらいいのか分かりかねます。
通常は通夜に施主の口上はありませんでしたが、先ごろでは通夜に列席者が多くなり、訓示される方も多くなったといわれています。
本人の葬式や葬送の方式について生前から決めておく事を念願する方家族と打ち合わせしたりエンディングノートに書き写す人も増えております。
亡父に家財がないから金分相続は関係ない、あたしは何も引き継ぐ気構えはありませんので分割相続は関係ない、と錯覚をする家族が多数いると言われています。

今に至るまで葬儀文化を接点として寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)と大衆はギリギリで繋がりを持ってきたが、その宗教的行為においても、仏教離れが進行した。
それ相当のお葬式を行うのであればやっぱりあるレベル以上に必要になると思いますが、何だかんだと画策すれば、だいたい100万ほど、抑えられます。
一例とすれば葬儀の式場一つに関しても有名なホテルの大部屋が良いという思惑もあれば、お寺の格式高い雰囲気の中で、お別れしたいという方もおられるようです。
法要参加の人々に気持ちを浄め最澄の面前に仏になった故人を迎えて、更に言葉を交わして、供養するものだと思います。
初めて葬儀を実行する人は心配が湧いてくると推定されますが葬儀式は一生で連続で実行するもんでもないので、大方の方は経験が浅いです。

一日葬(ワンデーセレモニー)とは本来は前夜に通夜式の法要を行い、翌日に葬儀と二日またいで実施されるお葬式を、お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)とは本来は前日に通夜式の祭事をし、翌日に葬儀と二日間行われるお葬式を、通夜式を行わない一日で仕上げる葬儀式のケースです。
喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)と呼ばれるのはご不幸のあったご家庭を意味する言葉で喪中の家を関東では『葬家』という事も多く喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)は関西エリアを中心に、利用される、傾向にあると言えます。
それに加えてお墓の外観も昨今では色々とあり一昔前までは形もほとんど同じでしたがここ最近は洋風化された、墓石が増加傾向にあるようですし、自由な形にする方も、増加しています。
祭祀は寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)の宗教者によって授戒(戒律を授けること)と引導(仏を彼岸に導く)を行う仏式で、基本では家族のみが参加されていたようです。
素晴らしいお葬式とはお見送りだけに専念できる葬儀のことで躊躇することなく無事に葬式を締めくくることができ、ラストのお見送りが出来ることが、良い葬儀かもしれません。