普遍的に小生は『法事』と聞かされていますが、シビアに言うと、坊主に仏典を読みいただくことを「法要」と呼んでおり、法要と偲ぶ会も合わせた催事を『法事』と指しているそうです。
穏やかにこじんまりと葬儀告別式を考えていたのに派手な祭壇や華美な演出を提案される場合は、葬儀社と考え方が、合わないということです。
普通だったら命を失った方に添付される呼び方とは違い、仏道修行で切磋琢磨した、出家者に渡されたんですが、ここ数年、システマティックな儀式などを、参加した一般の人にも、授けられる事になっているようです。
喪家が指す意味はご不幸のあったご家族を指し示す言葉で喪中の家を東日本では『葬家』を使用することも多く喪家は関西エリアを中心に、使用される、傾向にあるようです。
家族葬には揺るがない認識はなく家族を集中的に、地域の方など故人と縁の深い方が集中して見送るほんの少しの葬儀を言うことが多いみたいです。

関係のあるお坊さんが承認していない、一族の家門の宗派が不明な方は、とにかく親族や田舎の人に聞くのがいいですよ。
仏のお参りに手を付ける身内が失われてしまうとか身寄りの人、の代行者として、菩提寺の僧侶に申し込んで、亡くなった方の命日に、契約した年数、供養すること、が永代供養の内容です。
通夜はその昔は身内や親族が夜が明けるまで仏に寄り添うのがいっぱんてきだったが、今日日では中夜で終わる半通夜が通例です。
二世帯住宅で同居の父がいつしか一人で徐に散歩に外出して習慣的にお葬式やお墓関連のパンフレットを持って帰って色々と話を聞かせてくれました。
満中陰の法事まで使い続けることが一般などでお通夜またはお葬式に列席出来なかった人達が、弔問に来た際には、ここでお参り供養してもらいます。

素晴らしい葬儀とはお別れだけに専念できる葬儀のことで戸惑うことなく無事に葬式を完遂でき、お終いのお別れが出来ることが、良い葬儀といえるでしょう。
今日この頃は墓石の製造手法の大きな進歩により設計の自由度が、激しく高くなり、自らのお墓を、自ら企画する事が、可能というわけです。
自宅で亡くなった時霊安室から2時間程度で退去を要請される状況も多く、お迎えの霊柩車を準備する入用です。
浄土宗ではどこの仏様をご本尊様と言っても例外なくお釈迦様につながるとした教えだと言っていますが、故人の家で葬式をする場合は、ご本尊という形で軸が使われています。
終活と言われるのはこれからの余生を『どういう風に生きていきたいか』と言われる望みを進行すること、現生の終焉に対してアクティブに手筈することで、麗しく暮らす動きです。