葬儀や法事から色んな進行生活に懸かる手助けまで丸々お任せいただける以外にもご遺族のマインドケアにも、トライしています。
葬儀のパターンや行うべき点と言えるのは葬儀屋が案内してくれますし喪主のお礼の言葉もテンプレートが用意されていますので、それをちょっと故人のエピソードなどをプラスして話をすれば良いと思います。
祭事は何回も実現することだとは言えないので、知っている葬儀屋がが少なくて病院が仲介した葬儀屋に用いる事が多々あるようです。
ご自宅で身内だけの法要をされる場合戒名だけでなく亡くなった方のお名前のほうが心に残ると思うならそれはそれとして問題ないのでは、無いんじゃないかと考えます。
葬儀セミナーや終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)座談会や家族葬ホール見学会などをしていますので、ともかくそれらに参加することをおすすめしています。

一日葬(ワンデーセレモニー)とは本来は前夜に通夜式の法要を行い、翌日に葬儀と二日またいで実施されるお葬式を、お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)とは本当は前日に通夜の仏事を行い、あくる日に葬式と二日またいで取り仕切られる葬儀を、通夜を執り行わない一日で終止する葬儀式の流れです。
亡母に家財がないから財産相続は関係ない、わたくしは何も頂戴する気構えはありませんので進呈は関わりない、と間違いをしている家族が大方いるそうです。
葬儀式や法要などでお布施を渡しますが布施を包む方法や席書きの書く方法など決まりごとはありますでしょうか?
往生人のスペースのまとめ掃除、残骸の処決などの遺品生理は、もともと近親の方の先駆するのがスタンダードでした。
家族葬を想像して平民は『家族の葬式』『家族と親しい人だけの葬儀式』が多くいるようで、家族葬儀のゾーンにに関わる解釈も各自と思われます。

お葬式にこだわりといったような驚きだと思うかもしれないけれど葬儀を想像するにあたりどこを大切に優先すべきか、という意味です。
死者は趣味は海釣りだったという故人の事情を知っていたことによってご主人を偲び海のイメージの飾り付けを、ご提言しました。
喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)という事はご不幸のあった人達を指す言葉で喪中の家を関東では『葬家』を使う事も多く喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)は関西エリアを中心に、適用される、ことが殆んどのようです。
終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)と言われるのはこれからの余生を『どのように終わりたいか』といった願望を形にやること、生きる姿のエンディングに関してアグレッシブに準備することで、役立つ生きていく行動です。
法要列席の方々に心を洗い最澄の面前に仏になった死人を迎えて、再度声をかけて、お参りするものだと思います。