仏の気持ちを受け親族だけで葬式をし終えたところ葬儀に参加することが無理だった人が、お参りに頻繁に自宅へ、訪問さ […]

葬式は何回も実施することではないので、知っている葬儀業者がが少なくて病院から教えられた葬儀屋に用いる事が多くあ […]

終活とはこれからの生を『どのように終わりたいか』といった思惑を実施すること、シンプルライフの終わりに対して行動 […]

初のお葬式を執り行う方は不信感が増大すると思いますが葬式は死ぬまでに数回も執り行うことではないから、往々の方は […]

子供や大切な人への望みを知らせる手紙として、この上己のための記憶片付けメモとして、年齢に縛られずのんきに編集す […]

両親に預金がございませんので金分相続は関係ない、あたしは何も預かる腹構えはあり得ないので資産分割は関係ない、と […]

この時まで葬祭関連を中継ぎに寺院と大衆はやっとのことで接点を持ってきたが、その仏事においても、仏事行事離れが始 […]

典礼は度々執り行うことだとはないので、認識する葬儀社ががなくて病院が案内してくれた葬儀業者に頼む事がよくあるよ […]

尊い方が亡くなった事実を現実として受け入れ亡くなった人の例を供養し集まっていただいた親族や友人たちと、悲しい気 […]

きっぱりと通念がない『家族葬』という呼称ですが、本に遺族・親族・友人たちを主力としたわずかな人での葬儀の題して […]