寺院とお付き合いなどなく通夜の時に大阪市立鶴見斎場で家族の気持ちを一つにした古くから市民目線の金額で施工し続け […]

率直な定義付けがない『鶴見斎場で高くない家族葬』という言い方ですが、主体として家族や近しい人を中枢とした少数で […]

それに加えGraveの形状も今では色々と存在し一昔前までは形もほとんど同じでしたがこの頃では洋風の、Grave […]

大阪市立鶴見斎場で家族の気持ちを一つにした葬儀や仏事などでお心を包みますが布施を包む方法や表記の筆記方法など基 […]

ご家族の要望を反映して貰えるのは要するにお客様本位の大阪市立鶴見斎場で家族の気持ちを一つにした古くから市民目線 […]

今までは通夜式は故人と親しい人たちが夜中死者に寄り添うことが習慣でしたが、昨今は参加者を参会してお通夜を実施し […]

大阪市立鶴見斎場で家族の気持ちを一つにした葬儀セミナーや終活セミナーや大阪市立鶴見斎場で家族の気持ちを一つにし […]

若いときに母親を亡失したので祭祀は無知で、これから話を聞く親戚もいないため、二十三回忌といっても何をすれば良い […]

今どき坊主は大阪市立鶴見斎場で家族の気持ちを一つにした葬儀や仏事で読経する人というイメージがありますが、元来僧 […]